新型コロナ検査実施せず290件 26都道府県、医師会調査

 日本医師会(日医)は18日、新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査について、医師が必要と判断したのに保健所が応じず実施されなかった事例が、26都道府県で計290件あったと公表した。2月26日~3月16日に各地の医師会から報告があった分を集計した。

 日医の釜萢敏常任理事は記者会見で「地域の検査態勢が十分でなかったことが背景にある」と述べた。事例が「0件」となっている県には、報告が上がっていないケースも含まれているとみられる。

 検査は医師が保健所に相談した上で、地方衛生研究所などで実施されていたが、3月6日から保健所を介さなくても実施できるようになった。

共同通信社 2020年3月18日 無断転載禁止