クルーズ船、船内待機見直し要請 5日後に「乗員が媒介」と伝える

 横浜・大黒ふ頭に停泊するクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」=18日午後(共同通信社ヘリから)

 クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の新型コロナウイルス集団感染で、乗客らの治療や症状の分析に当たった国立国際医療研究センター(東京)の幹部が、政府が乗客に客室待機を求めた5日後の2月10日、船内は「感染まん延期」で、乗員が媒介しているとの分析を複数の厚生労働省幹部に伝えていたことが18日、分かった。全乗客乗員の船内待機を見直すよう要請したという。政府関係者が明らかにした。

 世界保健機関(WHO)によると、18日までのクルーズ船での感染者は712人、このうち死者は7人。乗客乗員約3700人の船内待機を続けた判断が適切だったのか検証が求められそうだ。

共同通信社 2020年3月18日 無断転載禁止