iPS細胞から肝臓がん作製 岡山大、予防や治療法発見へ期待

 肝臓がん幹細胞となったiPS細胞(岡山大の妹尾昌治教授提供)

 マウスの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から肝臓がんを作製することに成功したと、岡山大の妹尾昌治教授(生物工学)のチームが19日までに発表した。正常な細胞ががん細胞になる過程を調べる新たな手法ができ、予防法の開発や治療に役立つと期待される。

 チームはマウスのiPS細胞を培養する際、人間の肝臓がん細胞が分泌する物質を与えてがん組織の環境に近づけることで、自ら増殖しながらがん細胞も生み出す「がん幹細胞」を作製。これをマウスの肝臓に移植すると、無秩序に増殖する肝臓がん組織ができた。

 肝臓がんを、遺伝子操作せずに作製したのは世界初という。

共同通信社 2020年3月19日 無断転載禁止