米、無償検査の対策法成立 第2弾、有給病気休暇も

 【ワシントン共同】米議会上院は18日、新型コロナウイルス感染拡大に対処するため、有給の病気休暇や検査無償化などを盛り込んだ総合対策法案を可決した。トランプ大統領が署名し成立した。一方、クドロー国家経済会議委員長は18日、景気悪化を防ぐ次の経済対策案が1兆3千億ドル(140兆4千億円)に膨らむと米テレビで述べた。

 可決したのは対策の第2弾に当たり、1千億ドル規模とみられる。トランプ氏は「完全に支持する」と表明し早期実現を促していた。既に成立済みで第1弾に当たる緊急対策法ではワクチン開発などに83億ドルを充てた。

共同通信社 2020年3月19日 無断転載禁止