緊急事態宣言の円滑運用求める 平井氏、担当相に提言

西村康稔経済再生担当相(右)と意見を交わす平井伸治鳥取県知事(左)=東京・永田町、内閣府
 全国知事会の社会保障常任委員長を務める鳥取県の平井伸治知事が18日、新型コロナウイルス感染拡大に備える改正特別措置法(新型コロナ特措法)で可能となった「緊急事態宣言」の円滑な運用に向け、西村康稔経済再生担当相に緊急提言した。発動に当たり、あらかじめ該当の都道府県知事の意見を聞くなど弾力的に対応できるよう求めた。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年3月19日 無断転載禁止