財務相、森友再調査「考えない」 公文書管理の地方創生相も否定

 麻生太郎財務相

 麻生太郎財務相は19日の閣議後記者会見で、学校法人「森友学園」を巡る公文書改ざんで自殺した近畿財務局職員の手記が公表されたことについて「新たな事実が判明したことはない。再調査を行うという考えはない」と述べた。公文書管理を担当する北村誠吾地方創生担当相も19日の記者会見で「さらなる調査が必要とは現時点で考えていない」と話した。

 麻生氏は「(2018年に公表した)財務省の報告書に尽きると思っている」と強調。職員の自殺は「役所内の風土(が原因だ)と結論付けている」と説明した。北村氏は「既に財務省の責任で詳細な調査がされている」とした。

共同通信社 2020年3月19日 無断転載禁止