父への傷害致死、女性に無罪判決 犯行時に「心神喪失」、横浜地裁

 神奈川県茅ケ崎市の自宅で2018年6月、同居の父親=当時(79)=の腹を包丁で刺して死亡させ母親にもけがを負わせたとして、傷害致死と傷害の罪に問われた女性被告(54)の裁判員裁判で、横浜地裁は19日、犯行時に被告は心神喪失だったとして無罪を言い渡した。求刑は懲役5年。

 片山隆夫裁判長は、被告は精神疾患のため、父母が攻撃してくる者の仲間だという妄想の中で犯行に及んだと認定し、「妄想に支配されたやむを得ない行動」と判断。検察側の「行動をコントロールする能力はある程度あった」との主張を退けた。

 横浜地検は「内容を精査し、適切に対応したい」とのコメントを出した。

共同通信社 2020年3月19日 無断転載禁止