元最高裁長官の草場良八氏が死去 ロッキード裁判などで裁判長

 死去した草場良八氏

 ロッキード裁判の最高裁大法廷判決などに裁判長として関与した元最高裁長官の草場良八(くさば・りょうはち)氏が13日午後5時8分、老衰のため死去した。94歳。福岡市出身。葬儀・告別式は近親者で行った。

 東大法学部卒業後の1951年に判事補。東京高裁長官などを経て89年に最高裁判事。90年に故矢口洪一氏の後任として第12代最高裁長官に就任、95年に退官した。

 最高裁長官に在任中、成田新法の合憲性が争われた訴訟や、3・18倍の1票の格差を違憲状態とした衆院定数訴訟、嘱託尋問調書の証拠能力を否定したロッキード事件丸紅ルートの大法廷判決に裁判長として関わった。

共同通信社 2020年3月21日 無断転載禁止