東京医大、受験料返還受け入れ 不正入試巡る地裁判決、控訴せず

 東京医科大(東京)は23日、不正入試問題を巡り特定適格消費者団体の消費者機構日本(同)が起こした訴訟で、受験料の返還義務があると認めた6日の東京地裁判決を受け入れ、控訴しないと発表した。消費者裁判手続き特例法に基づく初の判決。機構は今後、一人一人の支払額を決める2段階目の手続きへの受験生の参加を募る。

 東京医科大は2017、18年の入試で、女性や浪人生の得点を低く調整。判決は「得点調整は法の下の平等を掲げる憲法の趣旨に反し、違法の疑いが極めて強い」として、受験料や出願書類郵送料の相当額を賠償する義務があると判断した。

共同通信社 2020年3月23日 無断転載禁止