島根県体協 立正大淞南高ライフル射撃部 木原顧問に岡田善富賞

岡田善富賞を受け取る立正大淞南高ライフル射撃部の木原一也顧問(左)=サンラポーむらくも
 島根県体育協会は23日、2019年度の岡田善富賞(最優秀指導者賞)を立正大淞南高ライフル射撃部の木原一也顧問(53)に贈った。全国規模の大会で優秀な成績を収めた18選手、12チーム、指導者2人も表彰を受けた。

 木原顧問は13年から指導。19年9月にあったJOCジュニアオリンピックカップ兼第30回ISSFジュニア選手権の女子ビームピストル60発で、1年生の羽田向日葵(ひまり)を優勝に導いた。羽田は競技を始めて半年で、大会新記録をマークした。

 表彰式で丸山達也知事は「引き続き鍛錬、精進してもらい、皆さんにとっていい一年になるよう活躍を期待している」とあいさつ。木原顧問は「さらに競技力を高めていきたい」と誓った。

2020年3月24日 無断転載禁止