G7外相、25日にテレビ会議 新型コロナが主要議題に

 先進7カ国(G7)外相が25日夜、テレビ電話方式の会議を開く。新型コロナウイルスへの対応が主要議題となる。茂木敏充外相を含む各国外相が画面越しにそれぞれの取り組みを説明。感染拡大の抑止に向け、水際対策などで情報共有を図る。G7がどこまで協調できるかが課題だ。

 G7外相会議は米国東部ペンシルベニア州ピッツバーグで24、25日に開催される予定だったが、感染拡大を踏まえ、テレビ電話会議となった。

 外務省によると、G7外相がテレビ電話方式で会議を実施するのは初めて。所要は4時間程度を見込んでいる。

共同通信社 2020年3月24日 無断転載禁止