滋賀の高1、いじめ不登校で退学 調査委が結果を答申

 滋賀県教育委員会の教育長(右)に、調査結果を答申する県立学校いじめ問題調査委員会の山本久子委員長=24日、大津市

 滋賀県で2017年、県立高1年の男子生徒が不登校となり退学した事案があり、原因を調べていた県立学校いじめ問題調査委員会は24日、いじめが不登校の原因の一つだったとの調査結果をまとめ、県教育委員会に答申した。

 調査委によると、入学後の17年5~7月ごろ、元生徒が所属していた部活の複数の生徒が、食べ残しのパンをかばんに入れたり、クラスのLINE(ライン)グループに元生徒に成り済まして投稿したりした。

 元生徒は同年6月ごろから休みがちになった。保護者は担任に訴えたが、担任はいじめと認識せず調査をしなかった。元生徒は不登校が続き、11月に退学した。

共同通信社 2020年3月24日 無断転載禁止