1800トンの出荷目標 境港サーモン水揚げ始まる

美保湾で養殖した「境港サーモン」を活け締めにするスタッフ=境港市竹内団地
 日本水産グループの弓ケ浜水産(鳥取県境港市竹内団地)が境港沖の美保湾で養殖したギンザケ「境港サーモン」の水揚げが24日、始まった。今季は5月中旬まで作業を続け、前季比550トン増の1800トンの出荷を見込む。この日は5トンを水揚げし、山陽を中心に西日本へ送った。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年3月25日 無断転載禁止