千葉県柏市で50代会社員が感染 新型コロナ、基礎疾患ある男性

 千葉県柏市は25日、市内に住む50代男性会社員の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。市によると、男性には基礎疾患があり、肺炎の症状で酸素投与を受けている。

 男性は16日夜に発熱。症状が出てからは出勤せず自宅療養を続けていたが、症状が悪化。23日に入院して検体を採取し、24日に陽性が判明した。

共同通信社 2020年3月25日 無断転載禁止