スパコン開発の前社長に懲役5年 東京地裁、助成金詐欺

 スーパーコンピューターの開発を巡り国の助成金をだまし取ったとして、詐欺や法人税法違反などの罪に問われたスパコン開発会社「ペジーコンピューティング」(東京)の前社長斉藤元章被告(52)に東京地裁は25日、懲役5年(求刑懲役8年)の判決を言い渡した。弁護側は即日控訴した。

 判決理由で野原俊郎裁判長は「助成金の適正な運用に対する社会の信用を失墜させた」と指摘。動機は資金繰りの悪いペジー社で研究開発を継続する資金を確保するためとし、「自らの研究成果を優先させようとする態度は身勝手」と述べた。

 野原裁判長は詐欺に加えて脱税の罪も、実刑が相当と判断した。

共同通信社 2020年3月25日 無断転載禁止