野党、休業助成の要件緩和を要請 政府「少しでも改善したい」

 政府と与野党は25日、新型コロナウイルス対策に関する連絡協議会の第2回会合を国会内で開いた。野党側は、業績悪化で従業員を休ませた企業に支給する雇用調整助成金について「使い勝手が悪い」として、申請の簡素化や支給要件の緩和を要請。政府は「少しでも改善したい」と応じた。

 緊急経済対策として与野党から意見が出ている現金給付について、政府は「検討中だ」と述べるにとどめた。与党は東京五輪・パラリンピックの1年延期方針が経済へ与える影響に言及。「夏の落ち込みは惨憺たるものが予想される。どう支えるかが重要だ」と指摘した。

共同通信社 2020年3月25日 無断転載禁止