松江の輸入車販売プラチナ 全社員に現金支給

現金5万6700円の入った封筒を手に使い道について話す社員=松江市八幡町、プラチナ
 輸入車販売のプラチナ(松江市八幡町)が26日、新型コロナウイルス感染症の影響で停滞している地域経済の活性化を目的に、全社員7人に現金を支給した。金額は「コロナ」の語呂合わせで5万6700円。思わぬ贈り物に、社員たちの笑顔が広がった。

 午前9時半にあった朝礼で内田雄之社長(43)が「大変な状況だからこそ、私たち一人一人が健康と地域の経済を守り、盛り上げていこう」とあいさつ。「2週間以内にワクワクすることに使ってください」と現金の入った封筒を一人ずつ手渡した。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年3月27日 無断転載禁止