ディオッサ出雲元主将の大澤さん 幼児体育指導員に転身

子どもたちに運動を指導する大澤由佳さん(中央)
 島根県出雲市を拠点に活動する女子サッカーチーム・ディオッサ出雲FCで主将を務め、昨季現役を引退したFW大澤由佳さん(29)が引き続き同市内にとどまり、幼児体育指導員として新たな一歩を踏み出した。「子どもたちが体を動かすことが好きになるように手助けをしたい」と思いを巡らす。

 大澤さんは2015年に入団。17年から3年間、主将として2度の中国女子リーグ1部優勝に貢献した。けがをしても気迫あるプレーでチームを鼓舞し、スタンドのファンに感謝を忘れず接する姿はチームの顔であり、選手の模範的存在だった。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年3月27日 無断転載禁止