関東甲信、29日は大雪の恐れ 気象庁、平野部も警戒を

 低気圧や寒気の影響で、関東甲信は29日未明から昼前にかけ広範囲で雪が積もる恐れがある。気象庁は28日、気温が予想より下がった場合は首都圏の平野部でも警報級の大雪となる可能性があるとして、交通障害や路面凍結、電線や樹木への着雪に警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、伊豆諸島付近を低気圧が通過し、関東甲信の上空に0度以下の寒気が流れ込む見通し。

 29日昼前にかけ予想される降雪量は、いずれも多い地域で関東北部の山沿い20~40センチ、甲信と、箱根から多摩地方、秩父地方にかけて10~20センチ、関東の平野部1~5センチ。

共同通信社 2020年3月28日 無断転載禁止