YS11、未明の都心を陸送 茨城・筑西で一般公開へ

 トレーラーに載せられ陸送される戦後初の国産旅客機「YS11」の胴体部分=28日午前1時44分、東京都台東区 1998年に退役した、戦後初の国産旅客機「YS11」の量産初号機(国立科学博物館提供)

 戦後初の国産旅客機YS11の量産初号機が28日、羽田空港(東京都大田区)から、一般公開される茨城県筑西市のテーマパーク「ザ・ヒロサワ・シティ」に向け陸送された。胴体や主翼を載せた大型トレーラーが、未明の東京都心をゆっくりと走り抜けた。

 垂直尾翼などほかの部品は搬送済みで、パークに新設された「格納庫」で、今後数カ月かけて組み立て直される。

 国立科学博物館(科博、東京)が羽田空港の格納庫で保管してきた量産初号機は、1965年に運輸省(現国土交通省)に納入され、退役した98年まで空路の安全性を確認する「飛行検査機」として活躍した。

共同通信社 2020年3月28日 無断転載禁止