65年間ありがとう すみれ保育園閉園式

「空港ピアノ」にプリントされる絵を眺める園児と田内寛子園長
 2019年度末で65年の歴史に幕を閉じるすみれ保育園(鳥取県米子市愛宕町)の閉園式が27日、同園であった。園児や職員は思い出の詰まった園舎との別れを惜しみ、新たなスタートを切る決意を固めた。

 同保育園の園舎は、市内の公立保育園で唯一の木造で、老朽化が進んでいた。敷地面積1100平方メートルの約5割が土砂災害警戒区域(イエローゾーン)の指定を受け、18年7月には大雨により休園になるなど、安全性を懸念する声が上がっているのを受け、市は18年10月に閉園を決めた。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年3月28日 無断転載禁止