歴史ある「城名樋山」PR 山頂にイルミネーション配置

点灯を前に作業する城名樋会のメンバー
 出雲国風土記に記載がある城名樋山(きなひやま)(島根県雲南市木次町里方、標高100メートル)を観光地として売り出そうと、住民有志でつくる城名樋会(吾郷生善会長、38人)が山頂近くにイルミネーションを配置した。季節ごとに文字を変える予定で、春は「サクラ」の文字を点灯させ、桜並木で有名な斐伊川や三刀屋川周辺に訪れる市民にPRする。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年3月28日 無断転載禁止