女子ログ リュウソウジャーロス!

 春はテレビの番組改編がめじろ押し。なじみの番組や出演者が変わって、いわゆる「○○ロス」(喪失感)に陥る人も多いだろう。私もしかり、3月に終了した、スーパー戦隊シリーズ「騎士竜戦隊リュウソウジャー」のロス状態だ。

 私は姉妹育ちで、戦隊モノとは全く縁がなかった。昨秋、4歳の息子にブームがわき起こるまでは。正直最初は、戦隊モノにハマることを好ましく思わなかった。戦いごっこが激しいし、おもちゃが無駄に増えるだろうし。母の懸念をよそに、いつの間にか夫と息子は男同士、休日にリュウソウジャーのガチャポンを求め市内を回ったり、DVDを借りてきたりして、ブームを加速していた。

 仕方ないので一緒に見始めることに。すると…、なんてすてきな物語。ソウル(魂)を一つに、悪と戦う6人の正義の騎士たち。仲間を思いやり、試練に葛藤しつつ、戦いを通して大きく成長していく姿に、いつしか私のハートも「ケボーン」(とてもいいね)!

 そしてなんと、グリーン役は松江市出身の俳優、小原唯和さん。誇らしさマックスである。ご縁である。息子にとっての初戦隊が、リュウソウジャーで良かった。本当にありがとう。

 最終話を見て涙する私に対し、もうすでに、新作「キラメイジャー」のガチャを集めると宣言する息子。切り替えが早すぎだ。母をもう少し浸らせてください…。

(益田市・Faultier)

2020年3月28日 無断転載禁止