ドイツ、イタリア重症者受け入れ 空軍機搬送「連帯示す」

 ドイツ空軍がツイッターに投稿した患者搬送機(共同)

 【ベルリン共同】ドイツ空軍は28日、新型コロナウイルス感染症による死者が激増するイタリア北部から重症者6人のドイツへの搬送を始めた。同国の病院に入院させる。ドイツは隣国フランスの患者受け入れも開始。国内では2週間以内に重症者の急増が予測されるが、政府は「今こそ連帯を示す時だ」と述べ、今後も搬送を続ける。

 空軍機はイタリアでも感染が特に深刻なロンバルディア州ベルガモから重症者を搬送。

 ドイツ国内の感染者は5万人を超えた。死者は約350人と周辺国よりも大幅に少ないが、ドイツの医療機関は重症者増加への対策を全力で進めている。

共同通信社 2020年3月28日 無断転載禁止