運行情報スマホで 「まつえ・いずもバスナビ」運用開始

スマートフォンに表示された「まつえ・いずもバスナビ」の画面=松江市内
 松江、出雲、雲南3市の路線バスの運行情報を手元で確認できるスマートフォン向けサービス「まつえ・いずもバスナビ」の運用が30日、始まった。停留所に貼られたQRコードを読み取ることで、バスが到着するまでの待ち時間や遅延状況などを確認できる仕組みで、利用者の利便性向上につなげる。

 QRコードは、松江市営バスの全10路線と、一畑バスが松江圏域と出雲圏域で運行する全13路線の停留所(計1062カ所)の標識に掲出。バスに搭載した衛星利用測位システム(GPS)を使い、バスの現在位置や待ち時間、悪天候などに伴う遅れ、停車予定の停留所を利用客のスマートフォンやタブレット端末の画面上で知らせる。英語、中国語、韓国語にも対応する。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年3月31日 無断転載禁止