有福温泉で桜ライトアップ試験

特殊なLEDでライトアップされ、有福温泉の温泉街に浮かぶ桜を見上げる関係者
 島根県江津市有福温泉町の有福温泉でサクラのライトアップ試験が始まった。30日夜から、ピンク色の花びらが映える特殊な発光ダイオード(LED)を使った投光器がともされ、温泉街に幻想的な空間をつくり出している。

 温泉街のアクセス道路ととして2021年度末の全線開通が予定される県道田所国府線の周辺整備の一環で、県浜田県土整備事務所などが実施。照明メーカーのSEI(浜田市金城町今福)が開発した、LED光源の波長が調整できる投光器によって、夜間でも桜本来のピンクの色合いを出すことができる。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年3月31日 無断転載禁止