JFL、第6節は実施せず 延期か中止を検討

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、松江シティFCが所属する日本フットボールリーグ(JFL)が7日、第6節(25、26日)を実施しないと発表した。同節を延期か中止にするかどうかは検討中。政府の緊急事態宣言を受けた措置で、今季の大会方式や今後の日程について15日ごろに発表する。

 今季は3月に開幕予定だったが、第1~5節は延期となっている。松江シティの第6節は25日、アウェーの名古屋市の市港サッカー場でFCマルヤス岡崎(愛知)と対戦する予定だった。

 第6節を別の日に行う場合、16チームがホーム&アウェーで30試合を戦うリーグ戦の5分の1が延期となり、従来の方式で試合を組むのが難しくなるという。

2020年4月8日 無断転載禁止