「自転車のまち」環境整備へ 益田・市役所前広場にサイクリングスタンド設置

益田市の市役所前広場で真新しいサイクリングスタンドに自転車を止める坂田清茂社長
 益田市駅前町の市役所前広場に新しいサイクリングスタンドがこのほど設置された。誘致企業のカツデンアーキテック(東京都)が、市内での工場稼働を前に「自転車のまち」の環境整備に一役買おうと、5台分の自社製スタンドを寄贈した。

 同社は石見臨空ファクトリーパーク(益田市虫追町)に工場を建設中で、サイクリングスタンドは主力製品の一つ。今回寄贈したのは1台分が高さ50センチ、幅9センチ、奥行き19センチのアルミ製。風を受けて大きく膨らむ帆をイメージしたシンプルなデザインで、自転車のまちの新たな景観となる。

 全国的な新型コロナウイルスの感染拡大で、市内の観光客も減少する中、坂田清茂社長は「市民に喜んで使ってもらいたい」と話した。

2020年4月9日 無断転載禁止