大学生30人、フジキが支援 米とアイス券贈る

村上真奈さん(左)にアルファ化米とアイスクリーム無料チケットを託す藤原茂紀会長=松江市田和山町、サーティワンアイスクリーム田和山店
 新型コロナウイルスの影響に伴い、生活苦に直面する学生を勇気づけたいと、ギフト販売のフジキコーポレーション(松江市東出雲町意宇南2丁目)が米とサーティーワンアイスクリーム無料チケット30人分を贈る。島根大学の学生ボランティアとともに、中高生の学習の場づくり取り組んできた松江市内の「のぎ自学室」代表・村上真奈さん(31)に託して、必要とする学生に届けてもらう。

 大学生支援のために有志から集めた寄付で食料を配った村上さんの活動を、同社の藤原茂紀会長(77)が新聞で知り企画した。

 ギフトで人気のアルファー食品(出雲市大社町北荒木)のアルファ化米8食分の詰め合わせを用意。フジキコーポレーションがフランチャイズチェーン店として経営するサーティワンアイスクリームの商品と交換できる券を、1枚ずつ袋に入れた。市内の2店で利用できる。

 藤原会長は、かつて松江市学園2丁目にあったサーティワンアイスクリーム学園通り店を含め、多くの学生にアルバイトで世話になったとし、無料券に「島大生の皆様ありがとう!」とメッセージを添えた。

 16日に村上さんに手渡した藤原会長は「学生さんは今一番苦しい時期だと思うが、おいしいおやつで少しでも喜んでもらえたらうれしい」と話した。

 寄贈品は今後、村上さんを通じて希望者に届けられることになっている。

2020年5月18日 無断転載禁止