県民歌で島根にエール モデル15人歌う動画公開

スタジオミューズの所属モデルが、アレンジした「薄紫の山脈」を歌う動画の一場面
 山陰両県を中心に活動するモデル事務所・スタジオミューズ(松江市内中原町)が、島根県民歌「薄紫の山脈(やまなみ)」を軽快な曲調にアレンジし、所属モデルの歌で披露する動画を公開した。新型コロナウイルスの影響が続く中、島根の人たちを元気づけようと企画。同曲の作曲者で、NHK連続テレビ小説「エール」の主人公のモデルとなった音楽家、古関裕而さんの長男正裕さんは「歌と動画で島根の皆さんが元気になればうれしい」とコメントを寄せている。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年5月23日 無断転載禁止