定着なるか、新様式

 新型コロナウイルスの感染拡大と、それに伴う5月末の第71回全国植樹祭の1年延期を受け、同祭会場の大田市内で観光戦略が仕切り直しを迫られている。各企業・団体は予想もしていなかった事態を、ニーズや価値観の変化を踏まえながらマーケットを再認識し、地域の魅力や強みを見つめ直す機会にしようと努めている。新たな取り組みの輪も広がりつつある現状を追った。(5月31日号)

全文は「山陰経済ウイークリー」誌に掲載。

2020年6月2日 無断転載禁止