つむぐ未来 事業承継

 新型コロナウイルスの感染まん延で、中小企業や小規模事業所の事業承継に暗雲が漂っている。経営が急激に悪化し、足元の事業継続すらおぼつかない中、将来への道筋が見通せないためだ。倒産や廃業を防ぎ、地域経済の貴重な担い手が事業を着実に承継していくためには、政府の迅速な支援と事業者の将来戦略が欠かせない。年間シリーズ企画「つむぐ未来~事業承継~」の3回目はコロナ禍の現場を追った。(6月9日号)

全文は「山陰経済ウイークリー」誌に掲載。

2020年6月9日 無断転載禁止