イラスト作品をネット公開 島根ゆかり作家ら12人

オンライングループ展で公開中の新作
 新型コロナウイルスの影響で作品を発表する場がなくなった島根県奥出雲町出身のイラストレーター、柳リコ(本名・荒金璃子(りこ))さん(26)=大阪市在住=が、創作活動に携わる人に声掛けして、インターネット上でグループ展を始めた。山陰両県在住や出身者も参加し、コロナ禍を機に連携を強めている。

 展示は作家12人の新作などを扱った「オンライングループ展 結び目」。ホームページを開設し、1日から1カ月間限定でペン画や水彩画などのイラスト計26点を公開する。

 柳さんは昨年8月、島根県立美術館で開かれた公募型アート展覧会「KUNIBIKI(くにびき)」に初めて参加。県内での作品発表に手応えを感じ、作家同士のつながりもできることから、今夏の展示に向けて準備を進めようとした。その直後、新型コロナの影響で中止が決まった。

 一時は制作意欲が一気にそがれたが、ツイッターで「ネットで公開する展示会をしたい」とつぶやいたところ、「KUNIBIKI」出展者や見知らぬ作家から賛同する声が次々と届き、グループ展の主催を引き受けた。

 柳さんは「本来つながるはずだった縁が、オンラインでつなげられた。お互いにネット上で刺激し合えた」とし、グループ展の継続開催も検討している。

 島根ゆかりの作家は柳さんのほか、Akuto(アクト)さん=島根県奥出雲町出身、米子市在住▽松坂彩子さん=松江市出身、大阪府在住▽はやしまりこさん=松江市在住▽ナガオカタケシ(長岡武志)さん=出雲市在住▽Ayu Ishibashi(石橋亜友)さん=松江市出身、大阪府在住▽江角奈美さん=出雲市在住。アドレスは、https://rikoyanagi.wixsite.com/musubime

2020年6月10日 無断転載禁止