速報 甲子園で選抜大会救済の交流試合へ

 日本高校野球連盟が10日、新型コロナウイルスの影響で中止された今春の選抜高校野球大会の出場予定校32校を招いた交流試合を、8月10日から甲子園球場で開くと発表した。名称は「甲子園高校野球交流試合(仮称)」。山陰両県からは21世紀枠の平田、一般枠の鳥取城北が出場する。

 日本高野連は選抜大会の中止決定の際、救済措置の検討を表明していた。交流試合の日程は8月10~12日と15~17日の計6日間。一日3試合以内とし、期間中に各校が1試合を行う。現時点では原則無観客としている。雨天時は順延する。

 新型コロナウイルス感染防止対策を取り、出場校が参加する開会式は行わない。7月18日に各校主将が参加するオンラインでの抽選会を予定している。

2020年6月10日 無断転載禁止