オンライン採用戦線

 新型コロナウイルスが社会経済活動に大きな影響を与える中、来春卒業予定の大学生らを対象にした企業の採用活動が6月に解禁となり、山陰両県で選考が本格化している。コロナ禍で合同企業説明会が軒並み中止となるなど例年と違った環境下で、企業の多くが学生との接点づくりに頭を悩ませている。感染防止のため筆記試験や面接をウェブ形式で実施する企業もあるなど手探りの採用活動が続く。(6月23日号)

全文は「山陰経済ウイークリー」誌に掲載。

2020年6月23日 無断転載禁止