有事の備え?松江城「塩札」 江戸末期の実態示す資料

松江城天守から出土した塩札を説明する学芸員の木下誠主幹
 松江歴史館(松江市殿町)でスポット展示「松江城天守出土の塩札」が開かれている。2016年に松江市指定文化財となって以降、初めての展示。松江藩は島根半島で塩を生産し、城内に相当量を備蓄していた。幕末まで合戦といった有事に備えていた可能性を示す貴重な資料などを7月15日まで展示する。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年7月1日 無断転載禁止