Bリーグ10月開幕決定 スサマジ、3日に滋賀と

 バスケットボール男子Bリーグの今季2020~21年シーズンが10月2日に開幕する。3季目の1部(B1)に臨む西地区の島根スサノオマジックの開幕戦は10月3日、大津市のウカルちゃんアリーナで西地区の滋賀レイクスターズと対戦する。ホーム初戦は同10日、松江市総合体育館で西地区の名古屋ダイヤモンドドルフィンズを迎える。

 Bリーグが13日、発表した。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、昨季はリーグ戦が途中で中止となった。今季は当面、観客の入場者数を制限する見通し。従来の3地区制も変更し、B1は昇格した広島ドラゴンフライズ、信州ブレイブウォリアーズを含む20チームを東西2地区に分けて争う。2部(B2)への降格はない。

 島根は昨季西地区最下位(6位)、全18チーム中17位。現在、新チームの編成作業中で、半数以上の選手を入れ替え、守備重視の補強を進めている。

 昨季西地区3位の滋賀は主力の多くが移籍。同5位の名古屋Dは日本代表の安藤周人や張本天傑を擁し、補強で持ち味の攻撃力が増した。島根は10月17、18の両日の第3節で、東地区のレバンガ北海道と札幌市でぶつかる。昨季は開幕5連敗しただけに、良いスタートを切りたい。

 発表されたのは、各チームの開幕戦とホーム開幕戦。B1は10月2日、東京都立川市のアリーナ立川立飛である、アルバルク東京(東地区)と川崎ブレイブサンダース(同)の一戦で幕を開ける。

 東京都内で会見した島田慎二チェアマンは「予断を許さない。あらゆる状況に対応したい」と話した。感染防止策として選手らにPCR検査を実施し、感染対策チームを設立するほか、ガイドラインを策定する。


B1島根・第3節までの対戦カード

▽第1節 滋賀レイクスターズ
 (10月3、4日/大津市・ウカルちゃんアリーナ)

▽第2節 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ
 (10月10、11日/松江市総合体育館)

▽第3節 レバンガ北海道
 (10月17、18日/札幌市・北海きたえーる)

2020年7月14日 無断転載禁止