水産 浜田 生かせ新拠点

 浜田市が浜田漁港内に整備した高度衛生管理型7号荷さばき所(7号市場)が、8月に供用開始する。世界的に食の安心・安全に対する意識が高まるのを横目に、同漁港全体の機能向上を図る第一歩となる待望の施設が動き出す。水揚げ量が低迷する中、官民には、インフラを最大限に生かし、魚価アップや販路拡大、ブランド化の推進といった水産・浜田の振興に結び付けるための戦略が求められる。(7月14日号)

全文は「山陰経済ウイークリー」誌に掲載。

2020年7月14日 無断転載禁止