江の川が氾濫 32棟浸水、348人が避難

江の川支流の八戸川の水があふれ、冠水した水田や住宅=14日午後、江津市桜江町小田(小型無人機で撮影・広木優弥)
 活発な梅雨前線の影響で中国地方は13日から14日にかけて大雨が降り、江津市内の江の川下流8地点が氾濫した。島根県内で人的被害の情報は入っていないが、流域4市町で少なくとも民家32棟の床上、床下浸水を確認し、さらに増える恐れがある。県のまとめでは11市町で最大348人が避難したほか、路面冠水による道路の全面通行止めも相次いだ。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年7月15日 無断転載禁止