孫大輔さん大山に移住、家庭医のアピール

地域医療に関する研究内容について同僚(左)と話し合う孫大輔さん
 科目を問わず診療する家庭医の孫大輔さん(44)が鳥取県大山町に移住し、鳥取大医学部(米子市)で地域医療の研究を進めながら、家庭医のアピールに取り組もうとしている。医師不足に直面し、崩壊の危機にさらされている中山間地域の医療に必要なのは、地域住民が何でも相談できる家庭医だとして、地域の実情に合わせた活動に取り組む考えだ。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年7月23日 無断転載禁止