ヒメボタル作品50点 南部・広池さん、写真集発売

写真集「HIMEBOTARU」を披露する広池昌弘さん=米子市法勝寺町、小さな今井
 世界最大規模の写真コンテスト「ソニーワールドフォトグラフィーアワード2020」(SWPA)のプロフェッショナル部門自然・野生生物カテゴリーで2位に輝いた南部町法勝寺の写真家、広池昌弘さん(57)の写真集「HIMEBOTARU(ヒメボタル)」が23日、発売された。受賞作をはじめ、県西部のヒメボタルを幻想的に写した作品50点を収めている。

 SWPAは世界写真機構(米国)が主催。今回は世界203の国と地域から計34万5千点が集まった。広池さんはヒメボタルの写真9枚で構成する作品を出品。同カテゴリーで2位に選ばれた。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年7月24日 無断転載禁止