アーチェリー五輪メダリストの川中選手、鳥取拠点に再始動

母校の米子南高校でアーチェリー部員にアドバイスを送る川中香緒里選手(左)=米子市長砂町
 アーチェリー女子で2012年ロンドン五輪団体銅メダルの川中香緒里選手(28)=鳥取県琴浦町出身=が今春、所属したミキハウスを退社し、活動拠点を地元・鳥取に移した。集大成に位置づけた東京五輪出場を逃し、決断した。母校の米子南高校(米子市長砂町)で練習し、部員も指導する新しい環境。アーチェリーの楽しさを再発見しながら、競技者として進む道を思い巡らす。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年7月28日 無断転載禁止