「協働、共生、笑顔を」 伊達境港市長が初登庁

初登庁し境港市職員(左)から笑顔で花束を受け取る伊達憲太郎市長(右)
 12日投開票の鳥取県境港市長選で初当選した伊達憲太郎市長(61)が27日、同市上道町の市役所に初登庁した。16年にわたり市政のかじ取りを担った中村勝治前市長(75)からバトンを受け継ぐリーダーは「協働、共生、笑顔をキーワードに市民や事業者に寄り添いまちづくりを進める」と述べ、決意をにじませた。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年7月28日 無断転載禁止