平和の大切さ忘れないで 大山口列車空襲の慰霊の会

犠牲者に黙とうをささげる参列者たち=鳥取県大山町国信、慰霊の碑前
 鳥取県大山町で起きた大山口列車空襲から75年を迎えた28日、同町国信の「慰霊の碑」前で慰霊の会があった。今年は新型コロナウイルスの影響で慰霊祭を中止し、小規模な会に変更した。遺族や地元の小学生ら約30人が犠牲者の冥福を祈り、平和への思いを新たにした。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年7月29日 無断転載禁止