女子ログ お祭りのない夏

 7月下旬はいつもだと、8月のお盆休みをどうするか家族で決めて、仕事場で休みの調整をしたりする時期だったのだが、今年はまったく予定なし。休みの希望は特に出さずにおいてしまった。

 松江だったら7月下旬には白潟天満宮のお祭りがあって、8月に入ると松江水郷祭が盛大に行われることで「ああ、夏だなあ」と実感する。

 もちろん自分で必ずお祭りに行くわけではない。子どもが友達と連れだって行くようになってからは、お祭りの雑踏に足を運ぶことはほとんどなくなった。

 それでも、神社の前ののぼりや、周辺に張られたポスターを目にすると、祭りムードは感じることができる。子どもの頃から染みついた祭りに対するわくわくした感覚は、やっぱり湧き上がってくるものだ。

 でも、今年は残念ながらそれはない。松江水郷祭はかなり早い段階で中止が決まったと記憶している。そのときは正直「えー、残念」と思ったのだが、今の新型コロナウイルスの感染状況を見ていると、正しい判断だった。あのとき「結論出すの、早くない?」と不満だった自分を反省している。

 お祭りのない穏やかな、初めての夏。どんな感じで過ごすことになるんだろうか。

(松江市・ブランチ)

2020年8月2日 無断転載禁止