隠岐の島で記録的大雨 土砂崩れ、浸水被害相次ぐ

集中豪雨で冠水した道路=7日午後0時26分、島根県隠岐の島町南方
 日本海に停滞した前線に湿った空気が流れ込んだ影響で7日午前、島根県隠岐の島町で猛烈な雨が降った。松江地方気象台は「50年に1度の記録的な大雨」と発表。同日午後7時現在の24時間降雨量は、西郷(島根県隠岐の島町西町)で観測史上最大の281.5ミリ、西郷岬(同町岬町)では8月では最も多い185.5ミリを記録した。けが人はいなかったものの、土砂崩れや浸水被害が相次いだ。

 隠岐の島町は同日午前8時50分に災害対策本部を立ち上げ、同町中条地区と氾濫危険水位に達した八尾川下流域の1683世帯、計3337人に避難勧告を出し、213人が避難した。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年8月8日 無断転載禁止