人材不足のマッチング支援 鳥取大生、農業アルバイト

ブラックビートの収穫を手伝う成行由衣さん(右)=鳥取市国府町麻生、兎ッ兎ワイナリー
 鳥取市の新型コロナウイルス対策を活用し、鳥取大生1人が8~10日の3日間、市内のワイナリーでブドウの収穫や出荷準備を手伝うアルバイトに励んだ。バイト探しが難しい大学生と人手不足の農業現場のマッチングを支援し、雇い主に賃金助成を行う事業で、今回が活用第1号。学生とワイナリー経営者の双方が喜んだ。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年8月12日 無断転載禁止