青梨「なつひめ」出来は上々 北栄で査定会

出来栄えを確かめるJA職員や生産者=鳥取県北栄町由良宿、県園芸試験場
 二十世紀梨を親とする鳥取県オリジナル品種の青梨「なつひめ」の2020年産査定会が11日、同県北栄町であった。梅雨の長雨にたたられたが平均糖度は11.5度と上々。4月の低温で遅れた玉太りも持ち直した。17日に初出荷する。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年8月12日 無断転載禁止