夏休みの宿題助けます 参考本コーナー開設

「夏休み宿題大作戦」のコーナーを紹介する米子市立図書館の職員=米子市中町、市立図書館
 夏休みの自由研究や宿題に困っている子どもや保護者に役立ててもらおうと、米子市立図書館(鳥取県米子市中町)が、参考になる本を取りそろえた専用コーナーを開設した。科学の実験や工作を取り上げた約30冊を置いている。

 「夏休み宿題大作戦」と銘打ち、7月上旬、1階出入り口付近に設けた。「日本遺産」「理科の自由研究」「おもしろ科学実験室」「シロツメクサの花のふしぎ」といった、自由研究のテーマ決めの参考になる書籍をそろえる。

 大人気で昼前には約8割が借りられるため、職員が連日、館内の別の棚や書庫から参考になりそうな本をかき集め、補充する。

 同図書館の熊沢菜穂子統括司書は「自由研究のテーマを見つけるきっかけになればいい。もっと深く知りたいと思ったら、館内での本探しをお手伝いするので、職員に声をかけてほしい」と話している。

 休館日は月曜日と月末。

2020年8月13日 無断転載禁止