露地物の二十世紀梨 湯梨浜で査定会

二十世紀梨の出来栄えを確かめる生産者=鳥取県湯梨浜町龍島、町中央公民館
 鳥取県特産・二十世紀梨の露地物の2020年産査定会が20日、主産地の同県湯梨浜町であった。春の低温や長梅雨の影響で小玉が混じり、糖度は過去10年間で最低の10.7度だったが、ここ最近続く暑さで玉太り回復と糖度上昇を見込む。26日に初出荷する。

 二十世紀梨は甘さと酸味のバランスが良く、シャリシャリした食感が特徴。手間が掛かることなどから、近年は品薄で高値になり、盆前に出荷するハウス物は19年まで6年連続で過去最高単価、露地物も19年に9年ぶりの過去最高単価を記録した。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年8月21日 無断転載禁止